毛穴の黒ずみの原因

憎き毛穴の黒ずみ…なかなかとれないし、ケアしてもすぐ出来てしまいます。
毛穴の黒ずみは、どうしてできてしまうんでしょう?

毛穴の黒ずみの原因は、古い角質と皮脂などが毛穴に詰まって硬くなった角栓です。

この毛穴に詰まった角栓の先端が黒く酸化して毛穴の黒ずみになります。

角栓は、ニキビができる原因にもなり、角栓や毛穴の黒ずみを、それぞれ透明ニキビ、黒ニキビと呼ぶこともあります。

 

角栓ができる原因は?

毛穴の黒ずみとなる角栓は、皮脂、角質、汗やホコリなどの汚れが毛穴に詰まってしまったものなのですが、角栓ができるのには、実はいろいろな原因があります!

1. 皮脂の過剰

もともと皮脂は肌のうるおいを守る役割がある、天然の保湿剤なのですが、それも過剰に分泌されてしまうと、毛穴が詰まる原因になります。

皮脂が過剰に分泌されてしまう原因は、いわゆる脂性肌という、分泌されやすい体質や、思春期を中心に、皮脂の分泌が盛んになりやすい年齢があります。ホルモンバランスの乱れが影響することもあります。

また、脂っこいものや糖分をとりすぎる食生活の乱れによるものや、皮脂をとりすぎる間違ったスキンケアで逆に皮脂の過剰分泌をうながすこともあります。

食生活などの体の内側からのケアと、余分な皮脂はしっかり落としつつ、うるおいは守るスキンケアが大切です。

2. ターンオーバーの乱れ

肌細胞は、約28日の周期で、肌表面の古くなった細胞が角質となって、はがれおち、新しい肌細胞が表面に出るというターンオーバー(新陳代謝)をしています。

このターンオーバーの働きがバランスをくずして、古い角質が肌に残ってしまうと、皮脂や肌についた汚れと混ざって、毛穴の詰まり=角栓の原因になってしまいます。

ターンオーバーが乱れる原因としては、睡眠不足や食生活の乱れ、運動不足など、生活習慣の乱れが影響しやすいです。

また、紫外線ストレスなども影響すると言われています。

新陳代謝を良くするには、睡眠を十分に取って、バランスの良い食事をしたり、ヨガやストレッチ、ウォーキングなどの運動や、半身浴で血行を促進するなどが効果的です。

3. 肌の乾燥

肌表面の角質層がカサカサ乾燥してしまうことで、毛穴を詰まりやすくすることがあります。

肌の乾燥の原因には、年齢とともに肌のうるおいが減ること、皮脂をとりすぎたり、保湿が不十分という間違ったスキンケアなどがあります。

 

Top 毛穴の黒ずみをエステできれいに!毛穴エステ体験談に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です